*

StackdriverでGoogleComputeEngineで構築したサイトのhttp監視設定

GoogleCloudPlatform(以下GCP)には、監視設定が簡単にできる「Stackdriver」というサービスがある。

サーバー設定等は不要で、
GCPコンソールのブラウザ上で設定が可能。

 

【設定の全体の流れ】

1.監視基本設定「Uptime Check」の作成

2.設定した監視条件でアラートを発生させる「alerting policy」の作成

 

設定はこの2つで、監視設定が完了する。

次は、各設定の細かい設定内容と役割を紹介する。
#細かい設定は後ほど記載

関連記事

2018年総括&2019年抱負

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は、大変お世話になり...

記事を読む

AppleWatch

楽天ブラックカードをApple Watchで(QuickPayとして)使う方法

Apple Watchで楽天ブラックカードを(QuickPayとして)...

記事を読む

ドコモのdカーシェアは月額料金不要で使いたいときに乗れる

カーシェアサービスはずっと気になって、どれがいいのかいろいろと調べてい...

記事を読む

2017年総括&2018年抱負

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は、大変お世話になり...

記事を読む

新着記事

深夜のミルク

40代男の育児日記 〜深夜の赤ちゃんへのミルクに最適なアイテム〜

赤ちゃん、深夜も数時間おきに授乳やミルクが必要です。 新生児だと2時...

記事を読む

深夜のミルク

40代男の育児日記 〜便利なアイテム(新生児)〜

最近、イクメンという言葉が流行っているけれど、 実際に自分が父親にな...

記事を読む

2018年総括&2019年抱負

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は、大変お世話になり...

記事を読む

amazonパントリーで日用品を翌日配送

最近、amazonパントリーというサービスを使ってみた。 Ama...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます




PAGE TOP ↑